MENU

Rocksmithで遊ぼう。

2020 4/26
Rocksmithで遊ぼう。

家にこもるこの期間だからこそ(2020年4月14日現在)、ストレス発散と習い事っぽいことのオススメとしてRocksmithで遊ぼうという事でRocksmithを紹介いたします。

Rocksmithとは何か、実際のギターを使って遊ぶ音ゲーみたいなものです。
ただし、音ゲーと違い実際の譜面をひきます。
ですのでひけるようになってくると原曲がひけるようになってくるので実際のギターの腕もアップというなかなかお得プラス楽しいソフトです。
またこのゲームのすごいところは達成度によって段々と譜面が難しく(原曲に近づく)なるという自動で調整してくれます。
最初は非常に簡単なところからスタートできるのでギター初心者から楽しむことが出来ます。

洋ゲーになりますので入っている曲はほぼほぼ洋楽になりますがメジャーな楽曲がかなり多いのも嬉しいところです。
また公式がDLCを用意してくれているのでさらに好きなアーティストの楽曲を増やすことが出来ます。
(私はDLCいれまくってもはや、どれがDLCか半分わかりませんが)

用意するものはまずはソフト本体です。PCだとSteamになります。(私はSteamでやっています。)据え置き機でもPS4などで発売されています。

またギターとゲームをケーブルでつなぐ必要があるため専用のロックスミス リアルトーンケーブルが必要になります。

この2つとギターがそろえばプレイすることが出来ます。

ギターはゲームだけって割り切るならFernandesとかの初心者用の安いギターでいいでしょう。
自分は引きやすさを求めてるのもあったり、元々やってたのもあるので持ってるギターを使用しています。

さて、でも洋楽のロックばかりだとなぁという人はたくさんいると思いますがロックスミスにはCDLCというものが存在します。
ただ著作権的なものもあるので、あくまで色々なHR/HMやらアニソンまでできることは可能ダヨー。ただ自己責任ダヨー
詳細はCDLCについてにかいてあります。

まぁCDLCとかふみこまなくても楽しめるものですので、ぜひこの家にこもる時期にギターやってみたいなって人はロックスミスで遊んでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

目次
閉じる